個人情報の取扱について(プライバシーポリシー)

行政書士安田法務コンサルティング(以下、「当事務所」と表記)は、ご依頼者、ご相談者(以下「ご依頼者様等」)より提供された個人情報を保護し、ご依頼者等の個人情報を適切に扱うために、以下の通り個人情報保護指針を定めます。

個人情報の定義

個人情報とはご依頼者様等から提供された、個人を識別又は特定できる情報をいい、下記のものをいう。

  • 個人の氏名、住所、本籍地、国籍、生年月日、年齢、職業
  • 個人の電話番号、E-mailアドレス(共に携帯電話含む)、FAX番号
  • その他個人を識別しうる一切の情報

個人情報の利用

当事務所ではご依頼者様等から提供された個人情報は、ご依頼の業務に使用する他下記の目的以外で使用いたしません。

  • ご依頼者様等に、当事務所のサービースをご案内する為
  • ご依頼者様等に、情報を提供するため

個人情報の第三者への提供

当事務所がご依頼者様等から提供された個人情報は、下記の場合を除き、ご依頼者様等の了承を得ずに第三者に提供又は開示されることはありません。

  • 法令に基づき開示、提供を求められたとき
  • 法令により開示、提供が容認されているとき
  • ご依頼の業務を行なううえで必要なとき

個人情報の管理

ご依頼者様等から提供された個人情報は、当事務所が責任を持って管理し、個人情報が漏洩することのないように努めます。

個人情報の譲渡禁止

当事務所はご依頼者様等から提供された個人情報を、有償無償にかかわらず、第三者に譲渡いたしません。

守秘義務

行政書士は、法律により厳格な守秘義務が課されており、もし違反した場合は、処罰を受け、資格を剥奪されます。又、行政書士廃業後も、守秘義務が課されておりますので、安心してご相談下さい。

【参考条文:行政書士法から抜粋】

(秘密を守る義務)

第12条 行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。

第22条 第12条又は第19条の3の規定に違反した者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。

2 前項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。