古物商開業までの流れ

許可申請から許可までの大まかな流れです。

1.事前相談(無料)

【内容】

  • どのような古物商ビジネスを考えているか。
  • 営業主体(法人、個人)の確認。
  • 場所、時期等その他の詳細について

2.提出先警察へのヒアリング

【確認事項】

  • 必要書類の確認。
  • 必要であれば、申請日の事前予約申し込み。

3.必要書類の取り寄せ

【確認事項】

  • 個人の場合と法人の場合では、取り寄せる書類の数と種類が違う。
    【例】住民票、市区町村が発行する身分証明書、登記されていないことの証明書、賃貸借契約書(コピー)、使用承諾書、登記事項証明書(コピー)、定款(コピー)等。

4.申請書類作成

【確認事項】

  • 記載事項に漏れや間違いがないか。
  • ご本人にメールかファックスで内容を確認していただきます。

5.申請書類提出

【申請先】 警察署の生活安全担当課または防犯課

6.実地検査 ※必ずあるとは限りません。

【内容】 ※申請者の営業所を調査

  1. 営業所の所在地
  2. 取り扱い古物品目と申請書の整合性。

7.標識(プレート)と古物台帳の購入先を指定され、それらを購入し、警察に持参する。

8.古物商許可証の交付

【確認事項】

  1. 住所
  2. 氏名
  3. 行商の有無
  4. 交付番号
  5. 公安委員会の印
  6. 日付

古物営業スタート

.png